相続

相 続

① 亡き父の不動産の名義変更をしたいとき。

遺言書の有無によって手続きが異なります。遺言書があれば、遺言書に基づいて名義変更が出来ます。遺言書が無い場合には、相続人全員による遺産分割の手続が必要になります。あおば司法書士事務所では、名義変更のお手伝いとして、戸籍の取り寄せ、相続財産の調査までサポートいたします。 しかし、相続人間で話し合いがまとまらない場合には、遺産分割調停を行うか、弁護士に解決を依頼するとこになります。

相続による名義変更(所有権移転)  報酬30,000円より
戸籍の取り寄せ 1通あたり 報酬1,000円

② 遺言書を作りたいとき。

あおば司法書士事務所では、公正証書、または自筆証書にて遺言作成をお選びいただきます。遺言者の希望にそった内容で、相続人になられる方や遺留分に対応したプランを遺言者と一緒に考えます。自筆証書遺言の書き方、添削、作成のサポートも致します。公正証書遺言の場合には、公証役場との事前のやりとりは、司法書士が行いますので、公証役場に頻繁に通っていただく必要はありません。

 公正証書遺言書作成(証人費用含む) 報酬50,000円より
 自筆証書遺言書作成支援      報酬10,000円より

③ 亡くなった人の預金の解約ができない

相続により預金の解約できない理由はさまざまです。手続きが煩雑な場合には、司法書士がサポートいたします。相続人間で話し合いがまとまらない場合でも、交渉により相続分のみの解約を行った実績があります。粘り強く、各金融機関の手続きに対応するしかありません。また、自分の死亡後に、預金の解約が出来ないトラブルで、残された相続人が困らないように、遺言書を作成しておくことをオススメします。

預金解約手続 基準報酬 金融機関毎に3万円より
※別途解約金額に応じて成功報酬をいただきます。

④ 相続人の中に、行方不明の者がいるとき。

行方不明にもさまざまです。久しく連絡先が分からないだけなのか、捜索願を出しているのか、事情によっては、調査の後に家庭裁判所に不在者財産管理人を選任しなければならないでしょう。遺産分割を行うためには、不在者財産管理人を選任し、その者との間で、遺産分割手続きを行います。ただ、遺言書を作成しておけば、行方不明の相続人がいたとしても、スムーズに名義を変更できます。

不在者財産管理人等選任申立及び就任 報酬80,000円~

⑤相続放棄をしたい。
 亡くなった方に多額の借金または、連帯保証債務がある場合には、相続放棄をしたほうが良い場合もあります。
 相続放棄には、相続人であることを知ったときから、
 3ヶ月以内に相続放棄の申述を家庭裁判所にしなければなりません。
 相続放棄申述申立書作成 1相続人につき 30,000円~

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)