会議のノウハウ

私の所属する佐賀県司法書士会の定時総会での
議長をやらせていただく機会がありました。

2016-05-21 15.07.36

議長(ぎちょう)とは会議を代表し、会議の運営を統括する役職。

だそうです。

議長が総会の議事の運営をしきりますので、
結構責任が重大です。

俗に、シャンシャン総会 といって、形式的な総会もあるそうですが
佐賀県司法書士会の総会は、結構、意見や質問が飛び交います。
シャンシャンでは終わりません

昨年の議事をみていると、
追加で議案が出されて、それを議題とするのかどうか?
という、かなり議長の手腕が問われる・・・
2016-05-21 12.47.01

しかし、私には、青年会議所活動で培った

ロバート議事法の知識と、議事運営の経験が若干ありましたので、
スムーズに総会の議事を終わらせることができました。
ありがとう!ロバート議事法 

以下wikiより

ロバート議事規則、もしくは、ロバート議事法、とは、 アメリカ合衆国陸軍の少佐であったHenry Martyn Robert (1837–1923) がアメリカ議会の議事規則を元に、もっと普通一般の会議でも用いることができるよう簡略化して考案した議事進行規則。およびそれについて述べた書籍のタイトル。

アメリカ各地の様々な団体がこの議事規則を採用することにより、初対面のメンバーで構成されるような会議であっても議事が円滑に進行できるようになった。

日本でも、ロータリークラブライオンズクラブ青年会議所などでは、この議事規則を採用している[1][2]

ポイントは、発言の質問なのか?意見なのか?
を明確すると良いということを改めて実感。

質問であれば、応えることが必須ですが、
単に意見であれば、発言をさせて
次からの参考にすればよろしいのです。

総会では、会長より、
これからの司法書士のスタンスについての発言がありました。

単に、依頼された業務をこなすのではロボットに取って代わられます。
依頼者のニーズを聞き取り、
その不動産が空き家であれば、空き家対策や
家族に要後見状態の人があれば
後見制度を支援して行くような、
一人ひとりの相談相手として、手間をかけて行くような業務が望まれるそうです。
なるほど

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数