農地の相続登記がお得に

相続の登記に必ずかかる費用として、登録免許税があります。 固定資産税の評価額の1000分の4を相続登記を行う際に 印紙を貼って、法務局に収めないといけません。 ところが、昨年度、相続登記にかかる費用の免税措置が設けられました。 国も相続登記がなされていない所有者不明土地が沢山あるので、促進のため本腰をいれているようです。

その制度とは、

市街化区域外の土地で市町村の行政目的のため相続登記の促進を特に図る必要があるものとして法務大臣が指定する土地のうち,不動産の価額が10万円以下の土地に係る登録免許税の免税措置

土地について相続(相続人に対する遺贈も含みます。)による所有権の移転の登記を受ける場合において,当該土地が市街化区域外の土地であって,市町村の行政目的のため相続による土地の所有権の移転の登記の促進を特に図る必要があるものとして,法務大臣が指定する土地(下欄参照)のうち,不動産の価額が10万円以下の土地であるときは,平成30年11月15日(※)から平成33年(2021年)3月31日までの間に受ける当該土地の相続による所有権の移転の登記については,登録免許税を課さないこととされました。

 ※所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法(平成30年法律第49号)の施行日

平たくいうと、評価額10万円以下の土地の相続登記は、登録免許税を免除しますよ。
ということです。ただし、法務大臣が指定する土地に限ります。

詳しくは、下記

http://houmukyoku.moj.go.jp/saga/page000191.html

佐賀市だと、市街化区域は10万円以下でも対象とはなりませんが、なんと、唐津市、玄海町、伊万里市、武雄市は、全域が対象となっております。

農家さんの場合、相続するにも、農地や山林など土地の件数が多く費用が多くなることがよくありましたが、評価額10万円以下の土地は登録免許税が免除になるので平成33年3月31日までは、お得に相続による名義変更ができるということになります。

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数