相続の放棄は3ヶ月以内って知ってる?

相続の放棄を家庭裁判所へ提出しました。

相続財産について、放棄します~と簡単に言う人がいらっしゃいますが、

自分が相続人であることを知ってから

3ヶ月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の書類を

提出する必要があります。

①相続放棄は、あくまでも家庭裁判所で手続きを!
 実印押して、相続をしません、なんて手続きは、

一般的には遺産分割です。

プラスの財産は、他人に譲ることができても

マイナスの財産(借金、保証債務)は譲ることが出来ません。

つまり、遺産分割では、

土地やお金はいらないよ~といったものの

借金は自分のところに来るてことになります。

しっかり、裁判所で相続放棄の手続きをしないと

マイナスの財産まで放棄したことになりません。

②3ヶ月以内ってのも重要です。

自分が相続人であることを知ったときからですので、

同居する家族が死亡した場合は、

だいたいそのときから3ヶ月以内に

家庭裁判所へGOです。

①に、書いた様に、

「印鑑付いたら放棄できるっちゃろうもん(博多弁)」

って方が多いですが、

3ヶ月以上経過したら、ダメです。

ただ、自分が相続人であることを

しらんかった場合

例えば、被相続人の子供が相続放棄をしたので

被相続人の兄弟に相続権が来た

なんてときは、自分が相続人であることを

知ったときから3ヶ月です。

死んでから3ヶ月ではありません。

今回提出した分は、相続人さんが相続をするのか
それとも放棄をするのか、
調査期間もかなりの期間かかったので
3ヶ月ギリギリでの提出となってしまいました。

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数