間違った自筆証書遺言

いつもは、公正証書遺言をおすすめしておりますが、
どうしても、やむおえず、自筆証書遺言となってしまう場合もあります。
病院にいて外出できない場合、急を要する場合、だれにも内緒にしたい場合等々
自筆証書遺言で気をつけないといけないのは、形式を守っていない場合、
遺言書として認められない場合があるからです。
民法第968条
1 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

簡単に書くと
①自筆で全部書きましょう。パソコンでプリントアウトしたりしてはダメですよ。
②日付と氏名を自署しましょう
③押印しましょう
④訂正する場合は、署名して訂正印をさらに押しましょう こちら に詳しい
⑤封筒には入れる必要はありません
訂正方法がちょっとむずかしいですね。私も難しいと思います。
私の依頼者には、書き直しをお願いしています。
せっかく遺言書を作成したのに、それが原因で効力を否定されてはたまりません。
ここで、自筆証書遺言を作成した場合、訂正方法が法律に則っていない場合どうするのか??
判例では、(最高裁判例 昭和56年12月18日)
自筆証書遺言における証書の記載自体からみて明らかな誤記の訂正については、民法968条2項所定の方式の違背があつても、その違背は、遺言の効力に影響を及ぼさない。

というものもあります。訂正方法が間違っていても、明らかな誤記の訂正の場合は有効。
でも、こういう判例があっても、
遺言に間違いがあった場合には、裁判で有効か無効か争う紛争の元となってしまいかねません。
相続人間で紛争を防ぐために遺言書を作成するケースもあるのに、本末転倒ですね。
書き直しができる場合は、書き直しをおすすめします。
自筆証書遺言
司法書士松本隆宏
佐賀県唐津市の相続専門家×あおば司法書士事務所 代表司法書士
相続、遺言書作成サポートを中心に登記業務を行う。
佐賀市、伊万里市、武雄市、多久市、糸島市佐賀県内もOK
相続・遺言のセミナー講師も行います。
〒847-0011
佐賀県唐津市栄町2569番地16
電話 0955-79-5431
フェイスブック

あおば司法書士事務所フェイスブック
オフィシャルHP

http://www.aoba-souzoku.jp/

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数