明治時代の担保は消せる!?

明治時代の450円の借入

前回の、松浦信用組合の古い抵当権の抹消の
記事を上げさせていただきましたが、

7806dcf7ee5666e90b3174521170dabc_s

今回は、明治時代の個人の担保(抵当権)が付いている・・・

しかも、借入金450円とのこと・・・

一節によると、

明治30年台の貨幣価値は3800倍 約170万円也


登記申請は、共同申請

担保抹消登記は、
通常 抵当権者(銀行)と設定者(所有者)との共同申請。

今回、個人の抵当権者を見つけるのは至難の業だし、
もう多分死んでしまっているし・・・・・

住民票の保存は、死亡後5年ぐらいだし。
「東松浦郡唐津町大字唐津」 どこでしょうねぇ

IMG_20160310_090617


所有者一人でできるもん

休眠担保権の抹消といいまして
抵当権者が行方不明であれば、


明治時代から、

今日までの利息や損害金を全て合算して
法務局へ供託します。

供託したという書類をついて、
抵当権抹消を所有者より単独で行うことができます。

休眠抵当権抹消のための供託とは?

 抵当権者等の登記義務者が行方不明のため,共同して抵当権等の登記の抹消の申請をすることができない場合,供託をした上で,その供託をしたことを証する書面を登記申請書に添付して,単独で抵当権等の登記の抹消を申請することができるとされています(不動産登記法(平成16年法律第123号)第70条)。
 供託をする場合には,その他の金銭供託用の供託書(各供託所に備え付けられています。)に必要事項を記載し,これに供託物を添えて,債務の履行地の供託所において,供託の手続を行う必要があります。

福島地方法務局より


で、いくら供託金するの??

キャプチャ

今回は、元本と利息と損害金 全部くるめて8200円ほど

元金450円だから、20倍ちかくになりました・・・
計算も複雑なんです

供託手続きと
担保の抹消手続きの2つの手続きが必要です。

費用も、通常の住宅ローンの抹消手続きよりは
高くなることがほとんどですね。

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数