危篤なんで遺言書を。。。作成、、、できる!

一時危篤時遺言(民法976条)というものがある。

病院で危ないときに、公正証書でもなく自筆でもなく作成できる。

但し、本人の意志はハッキリしとかないといけないよね。

一般臨終遺言、死亡危急者遺言とも言います。疾病その他で死亡の危急に迫っている場合に認められる遺言方式です。
作成要件
(1)証人3人以上の立会いをもって、その1人に遺言の趣旨を口授する。
(2)口授(口がきけない人の場合は通訳人の通訳)を受けた証人がそれを筆記する。
(3)口授を受けた証人が、筆記して内容を遺言者及び他の証人に読み聞かせ又は閲覧させる。
(4)各証人が筆記の正確なことを承認した後、遺言書に署名し印を押す。


家庭裁判所による確認
 遺言の日から20日以内に、証人の1人又は利害関係人から家庭裁判所に請求して、遺言の確認を得なければなりません。家庭裁判所は、遺言が遺言者の真意に出たものであるとの心証を得なければ、これを確認することができません。(民法976条4項)


一般危急時遺言の失効
 遺言者が普通方式によって遺言をすることができるようになった時から6ヶ月間生存するときは、無効となります。(民法983条)


詳細は、リンク先参照
やしきたかじんさんの遺言もこの型式で作成されたみたいですね。
リンク先より抜粋

但し、密室で作成されたと言われないためには、
ビデオで作成の様子をのこし、ビデオレターにしたためるとか
やはり公正証書遺言にしておくなどの工夫が必要だと感じます。

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数