避難するときには権利書は要らない!?

熊本・大分の地震

九州は地震が少ないと思っていましたが、
今回の地震で沢山の方が被災されました。

被災された方の無事と、
一刻でも早い復興を祈念しております。

私が住む、佐賀県唐津市でも、
土曜日の深夜の地震ではかなりの揺れを感じました。
地震の少ない地域だからといって、
災害に対して、事前に準備が必須ですね。
せめて、避難所や非常持ち出し品の
情報だけでも知っておいた方がよいです。

唐津市の避難所一覧


非常持ち出し品

政府広報オンラインでは、非常時持ち出し品を
下記のように定めています。

非常持ち出し品の一例


  • 飲料水
  • 食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど
  • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
  • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
  • ヘルメット、防災ずきん
  • マスク
  • 軍手
  • 懐中電灯
  • 衣類
  • 下着
  • 毛布、タオル
  • 携帯ラジオ、予備電池
  • 使い捨てカイロ
  • ウェットティッシュ
  • 洗面用具

乳児のいる家庭はミルクや紙おむつ、ほ乳びんなども用意しておきましょう。


権利書は置いていこう

持ち出し品で
貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)とあります。
権利書はありません。

不動産の権利書(登記識別情報)は、
司法書士目線でみても、避難するときに
持っていく必要はありません。

権利書を探して避難が遅れるくらいなら、
早めに避難したほうが良いです。

権利書が紛失しても、不動産の売買をすることはできます。
事前通知や司法書士による本人確認情報を作成することで可能です。
ただし、権利書の再発行はすることはできません。

火事場泥棒など不届き者の情報が出回っていますが、
権利書だけ持ち去られても、
自分の不動産が勝手に売却されることはできません。

不動産の名義を変更するには、
法務局に「権利書+印鑑証明書+実印」が必要だからです。

「実印」と「印鑑カード」を避難することきに
持ち出せば、不動産を勝手に取られることはありません。

スムーズに避難ができるように、
上記の貴重品は箪笥の奥にしまっておくのではなく、
持ち出しやすいように、管理しておいた方がよいですね。

The following two tabs change content below.
相続登記・遺言書作成で、「あんしん」して生活していただくために、司法書士は唐津市のみなさんの味方になります!/佐賀県唐津市湊町出身の司法書士・行政書士・ファイナンシャルプランナー/唐津東高校39期/九州大学法学部卒/通常の司法書士業務だけではなく、相続・遺言のセミナー講師も得意/現在、メタボを解消すべくダイエットとマラソンに挑戦中!/2016・2017・2018佐賀さくらマラソン完走/電気グルーヴ・ももクロが好きな41歳/2児のパパ/昨年の行政書士試験に合格!/糖質制限中につき、炭水化物は控えめに/ファイナンシャル・プランニング技能検定 2級・AFP/高校生の時は帰宅部/蒙古タンメン中本、焼肉、スンドゥブチゲが大好物!

最新記事 by あおば司法書士事務所 松本隆宏 (全て見る)

お問い合わせ

オフィシャルHPhttp://www.aoba-souzoku.jp/〒847-0011 佐賀県唐津市栄町2569番地16 電話 0955-79-5431 LINE@で相談・連絡できます!! LINEアカウント ID @aoba.com より友達申請してください! Facebookもよけれは、チェックしてくださいね! あおば司法書士事務所フェイスブック 友だち追加数